MANABI外語学院

MANABI外語学院

2020.02.21 All

新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、当校としては以下のWEBサイト等により情報を収集し、随時適切な対応をして参ります。

内閣官房ホームページ「新型コロナウイルス感染症の対応について」
厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」

◆みんなで感染を防ぎましょう。
新型コロナウイルスによる肺炎の流行について、学生の皆さんは報道等を通じてすでにご存知のことと思います。この肺炎はウイルスに感染した人が、症状がないまま他の人に伝染することがあることがわかっています。
SNS等ではいろいろな情報が流れていますが、その中には根拠のない噂や嘘の情報もあります。皆さんは正確な情報を得て理性的に行動することによって、できるだけ感染を防ぎ、もし感染していたとしても他の人に伝染させない様に心がけてください。

学生のみなさんは、手洗い、うがいなど感染症の予防をしっかり行ってください。
不特定多数の人が集まるイベントへの参加はできるだけ控えるようにしてください。

<校内での予防>
・学校入り口、各階に消毒薬を準備していますので、学校に来た時は手指に噴霧して消毒をしてください。
・教室及びラウンジの出入り口などは授業終了後に消毒しています。
・くしゃみ・咳の出る人はマスクをしてください。マスクはできる限り個人で準備をお願いします。
・発熱のある人は学校に来ないで学校に連絡をしてください。
状況によっては自宅待機となります。

<一人一人の積極的な予防について>
・自分の手についたウイルスを口や目、鼻などから体内に入ることを防ぐことで感染を防ぐこと  ができます。
・外出先から自宅に帰ったら手洗い→うがいをしてください。
・不要不急の外出は控えてください。
・栄養バランスを考えた食事をとり、睡眠を充分とって休息し、健康的な生活を送るようにしてください。
・外出時はマスクなどで鼻や口を覆うことで感染者の咳やくしゃみの飛沫からある程度感染を防ぐことはできると言われています。
・マスクをしていない時に咳をする場合、口と鼻をハンカチやティシュ、上着の内側や袖で口と鼻を覆う「咳エチケット」を守るようにしてください。

<体調が悪くなったら>
・37.5度以上の熱がある、息苦しい、咳が出るなどの肺炎の症状がある場合は学校に来ないで家で待機して、学校へ連絡をしてください。
・学校から相談窓口に連絡するなどのサポートをしていきます。

※今後の国内状況に応じて、学校の対応は変更し情報を更新していきます。
最新の情報にご注意下さい。

心配な人は、以下の窓口で相談をすることができます。

中国大使館領事部

●厚生労働省 相談窓口
電話番号 0120-565653 9時から21時まで(土、日、休日を含む)

●東京都 新型コロナウイルス感染症電話相談窓口
電話番号 03-5320-4509 9時から21時まで(土、日、休日を含む)

●帰国者・接触者電話相談センター(専用窓口)
電話番号 03-5320-4592

●新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省LINE公式アカウント

重要:お知らせ

【新型コロナウイルス肺炎に対する特別警戒措置】

2020年2月1日から無期限で「新型コロナウイルス肺炎特別警戒期間」を行っています
「新型コロナウイルス肺炎 特別警戒地域」として中国を指定します。
在学生の一時帰国など一時的な日本からの出国の前には学校に「一時出国届」を必ず提出してください。これをしなかった学生は学則違反として除籍を含めた処分にします。
特別警戒期間中に特別警戒地域から日本に入国した場合、理由の如何を問わず入国の日から14日間を出席停止とします。この期間に入国した学生は自宅で経過観察をしてください。これは在学生の一時帰国の場合を含みます。
経過観察期間中は不要不急の外出を禁止とし、極力他人との接触を避けてください。やむを得ず外出する場合には、マスクを着用するなど感染が拡大しない様、十分に配慮してください。
経過観察期間中の授業実施日は、1日最低1回は体温を計測しその日の体調とともに学校へ報告してください。
経過観察期間中も電話などの連絡方法を確保し、常に学校からの連絡に応えられるようにしてください。
経過観察期間中の授業実施日は「公欠」としますが、報告のなかった日については「欠席」とします。

【湖北省・浙江省出身者への特別措置】

日本国政府は新型コロナウイルスによる肺炎の世界的流行を防ぐために、2020年2月1日から下記の人たちの入国制限をする発表があり既に施行されています。

日本政府のこの措置の期間中、MANABIの学生はできるだけ一時帰国を控えてください。
もしどうしても一時帰国しなければならない理由がある時は、一時帰国中の日程、移動手段、滞在先などの詳細を必ず事前に学校に届けてください。
学校に届けた内容が変更された場合も速やかにその変更内容を学校に届けてください。